こんにちは、nicoです。

今回は、ちょっと毛色を変えてコンサル業界を志望する人向けで記事を書いてます。 
 
このブログに訪れてくださった方は、多くがコンサルタント志望であると思われます。
選考レポートの記事から当ブログに来てくださった方が多いことからも、それが伺えます。 

というか、そもそもブログの題名からしてターゲットが見え見えな訳ですが(笑)


ですが、気付かれた方もいるかと思いますが
nicoはこのブログをそこまでコンサルに特化したものにしていません。

何故か?

それは、入社後のミスマッチによって不幸になる人を増やしたくはないからです。
実は、既にこの話は就活基礎講座第1回にも書きました。
就活のゴールとは一体何なのか?-内定を出せさえすればよいという「勘違い」-

そのために、ブログ記事には安直にコンサル選考の必勝法などは書かないようにしています。
(発刊予定のメルマガには色々と書く予定でいます。)

そもそも、私は元々コンサルタントを志望していた訳ではありません。
元々はWEB業界に携わりたいと思っていたのです。

しかし就活においてじっくりと自己分析をした結果、どうやら自分はコンサルに向いている、ということが分かったのです。

一般的に、コンサルタントは向き不向きが激しい業界だと言われています。
それは、頭脳、メンタル、体力全てが求められるからだとnicoは思っています。

であるがゆえに、コンサル会社はかなりシビアに就活生の選抜をします。
しかし、企業の思惑とは裏腹に、意外とほわほわした理由でコンサルを志望する学生が多いです。

「とりあえずコンサル」とか「なんとなくカッコいいからコンサル」
とか。

選考も初期の初期に開催されるインターンならまだ許されますが、本選考でも実はこういう人、います。


nicoは、適性がない仕事をやるのは人生でも大きな不幸だと思っています

何故か?
それは社会人になると人生の時間の大半が仕事の時間になるからです。

不幸な時間が自分の時間の大半を占めるなんて、nicoは考えたくもありません。


では、ここで話をこのブログに訪れる人視点で考えてみましょう。
もし仮に私がコンサルに入るための必勝法を持っていたとして、このブログに書いたとしましょう。

それを見た人は志望するコンサル会社に入れてしまう。
(ま、そんなのがあったら苦労しませんが…)

で、コンサル会社に入ったあなた。

しかし、あなたの持つ強みが日々の仕事に生かされません。
Up or Outの厳しい世界で頭角を表すことが出来ないあなたは、段々と仕事が回ってこなくなります。
そして、結局退職を迫られることになったり、精神を病んだり…

これは別に珍しいことでもなんでもありません。
私の周りでもよく聞く話です。

こうした不幸な事態を防ぐ方法は
「就活できちんと自分に合う企業を見つける」
ということに尽きます。

そのために必要なのが、結局自分の強みを探す=「自己分析」ということ。
憧れだけで会社を選んではいけない。

そして、どの企業へ行くにしても、就活基礎講座でお話したような
自己分析→業界・企業分析
のフローは飛ばすことは出来ないのです。

仮にあなたが今、なんとなーくでコンサル業界を志望しているとしたら。
まずはこの質問をあなたに投げかけたい。

「なぜあなたはコンサルを志望しているのですか?」

そして、自分を深堀りしていった先がコンサルでないとしたら。
その時は志望業界を変えればいいのです。

確かにあこがれを捨てるのは難しい話です。
しかし、あなたの就活の成功のために、この記事を書きました。

それでもなお、本当の本気でコンサルになりたいのならば。
この程度のことは考えて考えて、それでもなお考えぬく位でいてくださいね。

たとえあなたの志望業界が変わっても、その経験は後で必ず活きます。
そして、このブログの記事はあなたに価値を提供し続ける自信があります。

あなたの就活を成功させるためのコンテンツをこれからも書いていきます。


では、また次回。


【無料メールマガジン発刊中】

nicoが就活で何を考え、どう行動し内定に至ったのか?
その全てを当メールマガジンであなたにお届け致します。
詳しくはこちら